大阪市西区

ドーム前千代崎

大阪市西区

全国三番目のドーム型球場として1997年に開場した「大阪ドーム」(現・京セラドーム大阪)の前に延伸開業した地下鉄長堀鶴見緑地線の駅と、2009年に開業した阪神なんば線の駅がある。かつて三セク放漫経営で赤字を垂れ流すドームの隣で廃墟状態になっていた商業施設「パ・ドゥー」の跡地はイオンモールとスーパービバホームになった。

歴史・街のうんちく

街のツッコミどころ

あの大げさなドーム屋根の内側に室内遊園地があったってご存知です?詳しくはサイトで
【大阪市無駄物件図鑑】三セク杜撰経営で破綻した「大阪ドーム」(現・京セラドーム大阪) - 大阪DEEP案内
自慢のドーム可動天井も部品調達不能で動かせず。ジャンピングで地震発生、GLAYもコンサートを諦めた。5千万円送風機を2回使っただけで廃棄、とどめを刺された「バファローズ消滅」で三セク共倒れ

京セラドーム大阪/元々の名称は「大阪ドーム」。総工費696億円を掛けてぶっ建てたものの悪名高い大阪市の三セク会社による放漫経営で2004年に破綻。その後オリックスに買い取られ京セラに命名権を売って現在に至る。実はこのドームのある土地、戦後埋め立てられた尻無川上流部に掛かっていて地盤がとても弱い。音楽イベントの際に“縦ノリ”する観客の振動で周辺地域で地震が起きるというギャグみたいな現象が報告されている。

あなたは知っているか、大阪ドームシティの黒歴史「パ・ドゥー」を

パ・ドゥー/1997年、大阪市の第三セクター会社として設立された「大阪ドームシティ」に付属していた商業施設。大阪ガスの子会社とセガの共同出資する会社が運営していたものだが、新今宮のフェスティバルゲート同様に施設が陳腐化し閑古鳥が鳴いていた。阪神なんば線の工事で解体され、跡地は「イオンモール大阪ドームシティ」に変わっている。

大阪環状線の車窓からもよく見える、3つの巨大なガスタンク

ガスタンク/大阪ドームが建っている場所は元々は「大阪瓦斯岩崎町工場」があった土地で、これは明治38(1905)年に建設されたガス工場だった。大阪市内に初めて都市ガスを供給した“大阪ガス発祥の地”として、大阪ガス「ハグミュージアム」前に記念碑も立てられている。現在も3基の巨大なガスタンクがそびえており「大阪ガス岩崎供給所」の都市ガスを溜め込むタンクとして現役で稼働中。数万人単位の人が出入りするドーム球場のすぐ隣にコレがあるという光景は、よくよく見るとかなり異様である。

公共交通機関でのアクセス

地下鉄長堀鶴見緑地線 ドーム前千代崎駅/阪神なんば線 ドーム前駅/JR大阪環状線 大正駅

タイトルとURLをコピーしました