大阪市淀川区

十三

大阪市淀川区

梅田から淀川一本挟んだ向かい、淀川区役所などもある区の中心的地域。阪急電鉄の各路線が集結するターミナル駅でもある。駅の東西にそれぞれアーケード商店街が伸びており、年中人通りも多く非常に栄えている。特に十三交差点南西側の「栄町通り」付近は大阪らしい下品な繁華街やホテル街が広がっていてダークサイドしか目立っていないが、大阪屈指の進学校である府立北野高校、医薬品メーカー・武田薬品工業の大阪工場といったものもある。

歴史・街のうんちく

鋭意制作中

街のツッコミどころ

十三駅前一等地の戦後のドサクサ的飲食街「しょんべん横丁」
阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (2) しょんべん横丁 - 大阪DEEP案内
十三駅西口トミータウンから「旧波平通り」の反対側、北側の路地を入っていくと「しょんべん横丁」と呼ばれる飲食店街が広がっている。ここいらにある居酒屋は駅至近距離にもあるので平日でも客の入りが激しい。 いつ来ても満員御礼の大
十三・しょんべん横丁
阪急十三駅西口の真横に立ち並ぶ戦後のドサクサ的趣きに満ちた飲食店街「しょんべん横丁」。十三駅の再開発計画が上がってもとても手が付けられない程に権利関係が複雑化しているようでさすが大阪クオリティなのだが、その横丁の名前の通り、昔は酔っぱらいの

しょんべん横丁/阪急十三駅西口改札を出た真ん前にある、戦後のドサクサで出来たような建物ギュウギュウ詰めの呑み屋街。昔は飲食街内にトイレがなく泥酔者が道端で小便していたことからマジで小便臭かったので、今もこの名前で呼ばれている。2014年3月に39店舗が丸焼けになる大規模火災が起き、路地裏の風景が一変した。防災も兼ねて道幅も昔より広げて復活しております。

恐らく著作権の問題から看板のキャラクターが撤去された、かつての「波平通り」
阪急十三駅前の著作権違反ストリート・波平通りから「鉄わん波平」が消えてしまった件 - 大阪DEEP案内
大阪の十三(じゅうそう)という街は阪急梅田駅から電車ですぐの位置にある下町であり歓楽街。神戸線、宝塚線、京都線と阪急の主要三路線が3つに枝分かれするのがここ十三であり地味に交通の要衝でもあるが、十三駅を降りると駅を中心に
十三・波平通り
十三駅西口改札を出て「しょんべん横丁」の反対側の路地に入ると「波平通り」というこれまた胡散臭い裏通りがある。正式名称は「十三駅前西商店街」。相変わらず下品な雑居ビルやパチンコ屋などで埋め尽くされているが、その特徴と言えばやはり十三が生んだパ

波平通り/阪急十三駅西口改札を出て、しょんべん横丁の反対側(南側)に伸びる、正式名称「十三駅前西商店街」。パチンコ屋や如何わしい雑居ビルなんぞが立ち並ぶ裏町めいた盛り場だが、そんな場所に掲げられていたのがこの「鉄わん波平」なるパクリキャラの看板。大人の事情で、2012年中に撤去されました。

ションベン臭い街・十三のイメージキャラ、小便小僧の「見返りトミー君」
阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (1) トミータウン - 大阪DEEP案内
梅田から淀川を挟んで目と鼻の先にある「十三」。ここは阪急電車の主要路線である神戸線・宝塚線・京都線の三線が一同に集うターミナル駅「十三駅」を中心とした繁華街があり、そこは阪神間モダニズム文化華やぐ郊外のお上品な住宅地と大

見返りトミー君/十三駅前「十三本一商店街」の新キャラクターとして2008年に商店街の入り口に設置された小便小僧の「見返りトミー君」。その由来は勿論、戦後の闇市から始まった駅前の「しょんべん横丁」から来ている。しまいには商店街の名前まで「十三トミータウン」に変えてしまう大阪過ぎるノリに失笑を禁じえない勢いだ。

大阪市内淀川以北では最大級の盛り場、十三の「栄町通り」
阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (4) サカエマチ商店街 - 大阪DEEP案内
やはり十三で一番の繁華街と言えば駅前から十三筋を跨いだ向かい側に広がる「十三栄町商店街」(サカエマチ商店街)の存在であろう。んもう、昼間っからギラギラしまくってます。駅前の旧「波平通り」と並んで、以前はパクリキャラ看板の
十三・栄町通り
十三駅近くにある繁華街「栄町通り」は大阪市内淀川以北において最大の歓楽街。道頓堀商店街の縮小版のような雰囲気で、のっけから下品な店舗がぎっしり目白押しで笑いが止まらないのだが、観光客がよく訪れる有名な「ねぎ焼やまもと」の本店もこの商店街の中

栄町通り/正式名称「十三栄町商店街」。見ての通り、ミナミの道頓堀を思わせるかのようなゴッテゴテの繁華街となっていて、大阪市内の淀川以北では最大級の盛り場である。場所柄か如何わしい大人向けの店も多く、夜ともなると悪質な客引きが跡を絶たない。裏手にはイカニモなロケーションのホテル街。コロナ禍の今となってはどうか知りません。観光客の間では有名な「ねぎ焼やまもと」もこちら。

名門北野高校への通学路はラブホ街という最高の教育環境

新北野のホテル街/十三という盛り場の夜の部門を引き受けるのは栄町通りとその付近のホテル街、さらに淀川通を挟んだ南側、新北野一丁目のホテル街となる。密集具合では栄町通りの裏手よりもこちらの方が上。大阪屈指の名門進学校「府立北野高校」の学生は毎日、十三駅から歩いてこのホテル街を横目に眺めながら通学している。橋下徹をはじめ相当数の有名人を世に送り出した抜群の教育環境である。

十三元今里なので「もといま」。何でもひらがな四文字にしたがる大阪人

もといまロード/十三本町商店街のアーケードを抜けた先もまたアーケード商店街。正式名称は「十三元今里商店街」。土着民の生活に即したゴテゴテ下町仕様で一貫しており、非常に大阪らしさに満ちた商店街だが、近年増殖気味のベトナム人向け食材店や料理店も見られる。この辺の町工場で勤める中国人やベトナム人、結構多いようです。

公共交通機関でのアクセス

阪急京都線・宝塚線・神戸線 十三駅

タイトルとURLをコピーしました