大阪市都島区

桜ノ宮

大阪市都島区

京橋の一つ手前、大川沿いにあるJR大阪環状線の駅。昔は桜ノ宮と言えば「週刊おとなのえほん」だったわけだがそんな事を言い出すのはエエ歳こいたオッサンくらいである。2010年代までは駅前の毛馬桜之宮公園沿いに不法占拠バラックが連なる異様な光景も見られたがそれも無くなった。駅前は商店街も無く、生活感の薄い街並み。駅前の源八橋を渡ると一転してOAPの近代的な超高層ビルがそびえる。

歴史・街のうんちく

鋭意制作中

街のツッコミどころ

桜ノ宮と言えば古鉄街。そんな時代もありました
桜ノ宮アパッチ族不法占拠物件「龍王宮」と「古鉄街」が完全に消えた - 大阪DEEP案内
JR桜ノ宮駅前を流れる大川沿いには、戦後のドサクサで居付いた屑鉄屋や廃品回収業者を営む在日コリアン達のコミュニティがあった。特に「龍王宮」は土着信仰の聖地として使われていた。最近様子を見にきたら全て撤去され何も無くなっていた。
桜ノ宮・古鉄街
JR桜ノ宮駅前を流れる大川沿いは戦後に不法占拠で出来たバラック小屋が立ち並ぶ一帯で、主に在日コリアンを中心とした住民がこの場所で廃品回収業や屑鉄屋を営んで生計を立てていた。毛馬桜之宮公園の一角に残っていた「古鉄街」と呼ばれるバラック家屋群は

桜ノ宮古鉄街/JR桜ノ宮駅南側の毛馬桜之宮公園沿いにはかつて金属スクラップ業者ばかりが連なる「古鉄街」と呼ばれた一画があった。これらは大半が在日コリアンの経営で、近隣の大阪砲兵工廠と“アパッチ部落”の関連性も含め戦後の特殊事情が故に自然発生的に集まったものであろうが、こうした建物は全て河川用地を不法占拠していた。そのため2010年代に入って立ち退きが行われ、今では完全に姿を消している。

在日コリアン一世の土着信仰のメッカだった桜ノ宮の「龍王宮」
桜ノ宮・龍王宮
JR大阪環状線桜ノ宮駅前を流れる大川の河川用地に戦後になって不法占拠で居座り続けたバラック集落が残されていて、特にJR大阪環状線の鉄橋下にある廃品回収業者の土地は「龍王宮」と呼ばれる朝鮮半島土着のシャーマニズム信仰の場として大阪の在日社会に

龍王宮/JR桜ノ宮駅の真ん前、大川を跨ぐ鉄橋の下に長年存在し続けていた不法占拠バラック。敷地は廃品回収業者のもので、主に在日コリアン一世の女性の間で信仰されてきたシャーマニズムの聖地として使われてきたもの。生駒山麓の朝鮮寺から巫女がやってきて、儀式をやっていたとされる。土地管理者が死亡した後の2010年に立ち退きが決まり解体された。

2010年頃の写真ですが、この頃と比べてもだいぶ衰退した気がする桜ノ宮のラブホ街

桜ノ宮ホテル街/桜ノ宮イコール“ラブホ”…そういう風に見られていた時期は過去のものとなりつつあるようだ。神社の「櫻宮」周辺が顕著なホテル街として昔からドピンクな雰囲気を放っていて、90年代まではサンテレビの深夜番組でお馴染みだった「もしもしピエロ」という名前のホテル、一応今でも残ってますけれども、あとは東横インに変わっていたりマンションに変わっていたり、ホテル街としてはかなり廃れてきた感じがする。

公共交通機関でのアクセス

JR大阪環状線 桜ノ宮駅

タイトルとURLをコピーしました