大阪市浪速区

桜川/汐見橋

大阪市浪速区

地下鉄千日前線・阪神なんば線が走る、難波の一つ手前の駅。元々この場所には南海高野線の始発駅として明治時代に開設された「汐見橋駅」があり、ここは昭和60(1985)年以降に高野線の本線から切り離されて通称“汐見橋線”と呼ばれるローカル線に格下げされてしまって以降、見捨てられたような格好になっている。駅周辺も栄えているとは言えず、うら寂れた佇まいでなんだか陰気臭い。

歴史・街のうんちく

街のツッコミどころ

大阪のど真ん中に生き残る“都会の秘境鉄道”、南海汐見橋線に乗りましょう
【都会の秘境鉄道】忘れ去られた鉄道路線・南海汐見橋線の始発駅「汐見橋駅」を見物する - 大阪DEEP案内
大阪市内に数ある鉄道路線の中で、最も乗降客数が少なく最も存在がマイナーな「南海汐見橋線」。正式には南海高野線の一部だが、高野線から線路を分断されて完全な支線として運行されている汐見橋-岸里玉出間全長4.6キロの路線は、日

南海汐見橋駅/明治33(1900)年に開通した南海高野線(汐見橋線)の本来の始発駅。レトロ過ぎる佇まいの駅舎は戦後の昭和31(1956)年に再建されたもので、その当時に改札上に設置された「南海沿線観光案内図」がボロボロになりながらも近年まで残っていた。阪神なんば線桜川駅の1番出入口と直結してスムーズに乗り換えができるようになってます。

大浪橋のたもとに佇む、一見すると下町の何の変哲もない銭湯…しかし…
大阪・金比羅温泉
JR大正駅を降りてしばらく駅前の住宅地を抜けると木津川に架かる大浪橋があり、そこを超えると浪速区に入る。大浪橋を渡った先の所に「金比羅温泉」と書かれた一軒の銭湯があった。決して駅からも近くもなく、周囲はさしたるものもない寂れた住宅街で、外観

金比羅温泉/浪速区桜川四丁目。JR大正駅から木津川を跨ぐ大浪橋を渡った先にある、見た感じではごく普通の銭湯でしかない場所だが、とあるスジの方々の間では非常によく知られたスポットとなっていてここで詳しくは話しませんので気になる方は各々ググってくださればそれで結構です。

公共交通機関でのアクセス

地下鉄千日前線 桜川駅/阪神なんば線 桜川駅/南海高野線 汐見橋駅

タイトルとURLをコピーしました