大阪市鶴見区

横堤

大阪市鶴見区

昭和49(1974)年に城東区から分区した「大阪市鶴見区」の中心的地域として区役所や警察署などが駅前に一通り揃っている。この辺まで来ると80年代以降に整備された比較的真新しい街になっていて分譲マンションが多めだったりロードサイド店舗が多かったりイオンモールがあるなど、大阪市内らしからぬ光景が見られるその一方で養豚場なんかもある。

歴史・街のうんちく

街のツッコミどころ

元々の街の中心だったみたいですけど、ちょっと寂れてまんがな「横堤本通商店街」
【鉄ヲタ歓喜】鶴見区の激寂れ商店街「横堤本通り商店会」と団地の前の駅名標コレクション - 大阪DEEP案内
1990年に開通した大阪市営地下鉄七番目の路線「長堀鶴見緑地線」、その終着駅である門真南駅の近くには日曜限定の中国人朝市やかつての中国残留孤児の子孫が多く暮らす門真団地なんかもあって香ばしいエリアなのだが、その途中にある

横堤本通商店街/地下鉄横堤駅前の鶴見通から南側に伸びる、土着の商店街。アーケードもなく、ご覧の通り活気もない微妙な佇まいだが、元々の街の中心地域だったようで、商店街の先には地域の鎮守である横堤八幡宮に続いている。謎の駅名標コレクションがあって一部の鉄ヲタの目を和ませていたが、今は取り外されて無くなっていた。

大阪市内にまさかの養豚場「大山畜産」

大山畜産/地下鉄横堤駅から鶴見通を東へ1キロ。鶴見区安田一丁目にある「大山畜産」は大阪市内唯一の養豚場を持ち、直営居酒屋を運営している。居酒屋は昼でもランチ営業しており、トンカツとか豚しゃぶとか色々食えます。ここで育てられた豚さんは「なにわ星の豚」の地域ブランド名で販売されております。

公共交通機関でのアクセス

地下鉄長堀鶴見緑地線 横堤駅

タイトルとURLをコピーしました